浜松市 JR高塚駅近くの眼科医院

院長紹介

  • HOME »
  • 院長紹介

おおこうち眼科 院長

中神 哲司 (なかがみ てつし)

ごあいさつ

平成19年4月、縁あって長年地域眼科医療にご尽力されてこられた大河内雄幸先生院長の「光仁会 おおこうち眼科」を承継し、新たに「おおこうち眼科」として開院いたしました。

私は、昭和62年に浜松医科大学を卒業し、大学病院および総合病院眼科にて眼科の基礎研修を積んだ後、平成6年から2つの大学病院に勤務してきました。
大学病院では、眼の病気の原因究明および新しい治療法の開発に携わる傍ら、大学病院外来はじめ様々な地域の総合病院眼科や特殊疾患療養所の眼科診療を担当し、ひじょうに多彩な眼の病気の診断・治療を経験することができました。
また、卒後1年目から現在に至るまで継続的に白内障手術や緑内障手術を、大学病院では網膜剥離手術や角膜移植術など多くの眼科手術を執刀してきました。
これら勤務医時代約20年間の臨床経験は現在の自分の宝だと思っております。

他のからだの病気と同様に、眼にも様々な病気があります。白内障のように悪化しても、手術により正常の視力が取り戻せることの多い病気から、緑内障のように症状の悪化を防ぐことが治療の目標となり、一生涯にわたり、治療・経過観察が必要な病気もあります。
すべての眼科の病気に対して、完治が得られるわけではありませんが、ご来院いただいたお一人お一人に対し、これまでの臨床経験を生かして、まずは的確な診断を行い、それぞれに最適な治療が行えるよう精いっぱい努力いたします。 また、幸い浜松には各分野に対応できる総合病院がございますので、個人医院で対応できない病気の治療に対しては適切な病院と連携させていただきます。
そして、最終的にご来院いただいたすべての皆様に「納得していただける医療」がご提供できることを目標として日々の診療にあたらせていただきますので、眼に関してはどんなことでもお気軽にご相談ください。

平成21年

<追記>

平成19年に開院し9年となります。平成26年には医院外来を全面改装し、特にこれまでご不自由をおかけしていた車いすでのトイレ利用等に対応したバリアフリー化を行いました。また周辺インフラとして、平成27年にJR高塚駅が改装されエレベーター・エスカレーターが常設されたことにより、階段乗降せずご利用いただけるようになりました。当院を少しでも快適にご利用いただけるよう可能なことは今後も実行していくとともに、常に最新の眼科医療が行えるよう今後もできる限り努力して行きたいと思っております。

また、当院のホームページは平成21年開設し、特に当初よりネット予約に対応しこれまでご利用いただいておりましたが、スマートフォン等最新のデバイスに対応するために平成28年1月ホームページをリニューアルいたしました。本ホームページは、予約システムを除き私が手作りにて運用しております。おかしな部分もあるかとは思いますが、お気づきの点がございましたら来院時にでもお教えいただけますようお願いいたします。

平成28年1月

院長略歴

昭和38年       愛知県豊橋市生まれ
昭和62年         浜松医科大学医学部  卒業
昭和62年~      浜松医科大学、榛原総合病院、袋井市民病院にて眼科研修
平成 4年~       沼津市立病院眼科  医長
平成 6年~       防衛医科大学校眼科  助手
平成 9年~       浜松医科大学眼科  助手
平成12年~      浜松医科大学眼科  講師
平成19年1月~ 光仁会 おおこうち眼科  勤務
平成19年4月~ おおこうち眼科  院長

資格等

医師免許証(昭和62年)

医学博士 (平成12年 浜松医科大学)

日本眼科学会認定眼科専門医(平成4年)

身体障害者福祉法指定医(浜松市)

TEL 053-449-1514  電話受付8:00-18:30( 月・水・金 )
    8:00-12:00( 火 ・ 木 )
    8:00-17:00(   土   )

PAGETOP
Copyright © おおこうち眼科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.